« 第五三徳丸 | トップページ | 西日な海峡#4 »

2009年2月 6日 (金)

事務所の梅

0206ba

朝は曇っていましたが、午後から晴れそうだったのでカメラ出社。梅を撮りました。
9枚羽根円形絞りのボケ玉付きですので。。。 某お方 (笑

0206bb

枝が高いので椅子を持ち出しました。キャスター付きの椅子に両手離しですから、やや怖かったです。

0206bc

木に咲く花には三脚よりも脚立の方が有効です (笑

0206bd

自分ちの庭だと遠慮なく撮れます。例えば覚苑寺の梅林なんかで脚立を立てて撮る勇気はありませんから。

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

|

« 第五三徳丸 | トップページ | 西日な海峡#4 »

花々vol.3」カテゴリの記事

コメント

ハリー;

見たよ。DA★55mmF1.4が望遠レンズのページだった。
PENTAXって、レンズを換算して言うのですね。いちちいち換算表示している。
私はレンズを換算して考えないです。ポートレートは135mmで撮るし (笑

投稿: Toki | 2009年2月13日 (金) 16時12分

http://shop.pentax.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=21790
ペンタからも円形絞りが出てしまった。
J☆hirakawa氏設計の久々の高級レンズ
APS-C版 FA☆85f1.4の後継...
う~む。すぐには買えんなぁ。

ペンタにはまだ伝説のレンズ設計者様というのがいらっしゃる(笑)

開放で撮れば、全部円形絞り(爆)

投稿: はりー | 2009年2月13日 (金) 15時05分

ハリー;

んまあ、ボケ質とか言われても私にはわからないから、ボケ玉がカックンカックンか丸かとかは、問題ではないです。
第一!ボケ玉をコントロールして撮れる程のテクニックはないので、私のボケ玉はひたすら偶然です (苦笑

赤いコってなんだろか? アカゲラしか思い浮かばない。。。アカショウビンは山にしないし。。。
明日が良いお天気で、ハリーが赤いコに会えますように。。。 健闘を祈る! (笑


投稿: Toki | 2009年2月 7日 (土) 15時56分

ペンタには開放同盟があります(笑)
開放なら、全部円形絞り?さ...
FA43でも、フォクトレンダー90mmでも、SIGMA50mmMACROでも、どれでも玉ボケ
ふんふん。どうせ言い訳です(涙)
明日は、お山に「赤いこ」を狙いに...居ると良いな。

投稿: はりー | 2009年2月 7日 (土) 12時55分

digiphoto様;

事務所の梅は放ったらかしで、まんま梅切らぬ馬鹿!ナノですが、
それでも健気に咲いてくれます。
切らないと花が小さくなって、実が出来なくなるようです。
今年、植木屋が来なかったら自分で剪定しようかと思っています。

そうすれば脚立を買う立派な理由になります。
カーボン製の脚立とかないのかなあ (笑


投稿: Toki | 2009年2月 7日 (土) 06時37分

liuxin1952様;

私は、このレンズが生まれて初め使うマクロレンズです。
いろいろ研究して、最初は60mmマクロを買おうと決めていましたが、
お小遣いの関係上、なかなか買えずにぐずぐずしていました。

そのうち。。。AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED にリニューアルされました。
あの時だけはものすごく嬉しかったです。

投稿: Toki | 2009年2月 7日 (土) 06時27分

ハリー;

うちのレンズはAi AF Nikkor 35mm F2D以外は円形絞りです (慢
そうか。。。 ハリーはまだ持ってなかったのか。。。

これからは意識してまん丸なボケ玉写真を撮ろう (汗

投稿: Toki | 2009年2月 7日 (土) 06時18分

こんばんは!

綺麗に咲いていますね。
花弁が美しいです。

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDの描写は流石ですねー

>キャスター付きの椅子に両手離し
私もいろいろと使うことが有るので、光景が浮かんできます。

投稿: digiphoto | 2009年2月 7日 (土) 00時17分

綺麗な丸ボケですね。
これだけでもNewの価値がありそうな・・・でも買えません。(泣

投稿: liuxin1952 | 2009年2月 6日 (金) 23時57分

やっぱり梅ですねぇ。
梅は良いです。
円形絞り...わたし持ってないことに気が付きました(笑)

投稿: はりー | 2009年2月 6日 (金) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第五三徳丸 | トップページ | 西日な海峡#4 »