« 天誅組・中山忠光 | トップページ | 下関漁港・5/6 »

2009年1月24日 (土)

長門国北浦総社・中山神社

0122ca

回天義挙は元治元年12月15日(1865年1月12日)。中山忠光暗殺は元治元年11月15日(1864年12月13日)である。

0122cb

蛤御門の変は、元治元年7月19日(1864年8月20日)。長州はこのクーデター失敗によって久坂玄瑞を失い、朝敵となった。
第一次長州征伐が始まる。
藩内は俗論派が復活、尊皇攘夷派の志士は粛正処分。刺客を逃れて散った。

0122cc

竜馬が薩長同盟をお膳立てするまで、薩摩は長州にとって憎き敵。
蛤御門で長州軍を斬りまくったのは薩摩であったし、第一次長州征伐も事実上西郷隆盛率いる薩摩が指揮した。

0122cd

西郷は幕府軍15万を持って長州を殲滅させるのではなく、藩内の政変を利用する懐柔策を採った。
長州人の手によって長州の膿を出させる事にしたのだ。
瀕死の尊皇攘夷派であれ踏みつぶそうとすれば、最期の一太刀は返す。

0122da

長州藩俗論派は蛤御門の変の首謀者として三人の家老を幕府軍に差し出した。そして、尊王攘夷派は見つけ次第、斬る。
中山忠光はそんな背景の中、潜伏先の田耕村(豊北町)で暗殺された。尊皇攘夷派とは言え公家をも斬ってしまったのだ。

0122db

中山忠光暗殺は長府藩のやった事。殺した後で事の重大さを知った。
中山忠光は逃亡先で病死したとされた。事件は闇に葬られる手筈。
長府を遙か離れた田耕で死んだのでは、長府藩が手厚く保護していた事にはならない。
闇に紛れて埋めた遺体を掘り起こして長府に運ぼうとしたが、ココ綾羅木で朝が来た。

0122dc

中山忠光は過激な尊皇攘夷派の公家。明治天皇の叔父にあたり、御幼少の明治天皇は中山家で育ち、忠光の事を慕っていた。
拝殿を右手に廻ると中山忠光の墓。左手に愛新覚羅社。長門国北浦総社・中山神社は響灘を背にした松林の中。

0122dd

あ!終了です。以上。

AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

|

« 天誅組・中山忠光 | トップページ | 下関漁港・5/6 »

東行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天誅組・中山忠光 | トップページ | 下関漁港・5/6 »