« 長州出島 | トップページ | color's・Chapter 4 »

2008年11月 5日 (水)

ラテン長州

1105za

1105zb

1105zc

1105zd

1105ze

1105zf

AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

思わず言ったソノ一言に、すっかり自分で受けてしまった。本日只今今日此処に私はラテン長州を名乗ろう!! (爆

という事で、雑用ついでに関門トンネル人道口に愛車!流星号を止め。少し歩いて撮って来ました。
元日本一!夢の釣り橋、関門橋です。

通勤でこの橋の下を潜りますからいつも見ている景色。全くの無感動で撮ってみました (汗

|

« 長州出島 | トップページ | color's・Chapter 4 »

海辺」カテゴリの記事

コメント

おそらくたぶん......私はもう交流会に参加しないです。私のネット生活は終わりました。ま、それはそれ (笑
うどんは食べたいです。ふと妙に食べたくなる。あの頃が楽しかったですから。
もしも行くなら今の気分は『谷川』~『山越』~『中村』です。究極の釜玉3連発!! (爆
あと『冷や熱』で喰うならばマイお出汁を魔法瓶に入れて持っていきたい。香川のお出汁はいまいち、にっ、さん...... (汗

投稿: Toki | 2008年11月 6日 (木) 12時45分

Kimikoさん率いる?来年の交流会は
直島(岡山に近いが香川県)らしいですよ。
まだ日程等は不明ですが。
パオでお泊まりという事は無いらしいですが。
直島はアートの島ですね。
帰りにちょっとうどんを食べて帰ってください。

投稿: はりー | 2008年11月 6日 (木) 12時12分

> 何故か渋滞にも比較的寛容。(笑)

私、渋滞は全くダメです。我慢が出来ない。ましてや有料道路での渋滞は金返せ!!と言いたくなる。
ちなみに通勤も下々の皆様とは時間をずらせた社長出勤です (慢


> 私と一緒に、玉子焼き(明石焼き)食べました。

ほお。。。ハリーさんのお知り合いでしたか。私はご承知の通り!無事故無違反超優良運転者で運転免許証は金色です。
あ、自慢しているみたいでアレですけど。スピードとかはあまり興味がないです (爆
長い事うどん食べてないです。未遂プロジェクトとしては『太平洋~日本海うどんツアー』というのがありますが、果たしていつの日遂行出来るやら。

投稿: Toki | 2008年11月 6日 (木) 11時22分

>朝五時に下関を出て、関門橋を渡り大分の佐賀関からフェリーで愛媛の八幡浜に上陸。
香川の丸亀でうどん食べて、淡路島からタコフェリーで明石に上陸。
明石で明石焼き食べて夜の11時に下関に帰り着いたヒト達を知ってます。
日帰りで瀬戸内海をずるっと一周したんですね。本当にすごいヒト達だと思います (汗


その人知ってます(笑)
私と一緒に、玉子焼き(明石焼き)食べました。
3人乗っていたけど、運転は2人でしたはず。
全行程の平均時速が100キロ超というのは内緒です。


投稿: はりー | 2008年11月 6日 (木) 10時06分

いや、それ以前に評価の「基準」が違うのかもしれない。
どうしても「海」沿い道路には非常に甘く、「山」中道路には非常に厳しくなってしまう我がいる。(^^;
何故か渋滞にも比較的寛容。(笑)
うーん、発見があり、勉強になる。

投稿: くり | 2008年11月 5日 (水) 19時44分

山陽道はその時まだ全線開通してなかったので経験がありませんが、吹田まで通して走ると凄くよく分かるかもしれません。(^^;
あっ、でも天候っていファクターもあるのかもしれない…あの日は小雨だったし…

投稿: くり | 2008年11月 5日 (水) 19時09分

中国道は好きです。山の中なのでアップダウンあるしカーブが多いので。
山陽道なんかは眠くなります。気合いが入らない。

そうそう、ドライブネタですと。

朝五時に下関を出て、関門橋を渡り大分の佐賀関からフェリーで愛媛の八幡浜に上陸。
香川の丸亀でうどん食べて、淡路島からタコフェリーで明石に上陸。
明石で明石焼き食べて夜の11時に下関に帰り着いたヒト達を知ってます。
日帰りで瀬戸内海をずるっと一周したんですね。本当にすごいヒト達だと思います (汗

投稿: Toki | 2008年11月 5日 (水) 18時52分

幼き頃より聞いていた「本州と九州繋ぐ」偉大なる関門橋。
もう15年以上前のことになりますが、遠く群馬の地よりひたすら車を走らせ、死にそうに疲れながらこの橋までやってきたことがあります。
さぞかし凄い橋なのだろうとくりまんじゅうは大いに期待しまくっておりました。

なのに…
「へっ、もう、終わっちゃったの?」
「ここって、もう、門司?」
「嘘?」
「ホントに?」
「おい、冗談じゃねぇぞ、まったく!」
「群馬の山猿のロマンを踏みにじるような真似しやがって責任者でてこーい!」と思ったことがありました。(笑)

そのまま九州を巡り、帰りに四国による為に、「瀬戸大橋」を渡った時にはまさに「人類の英知」を感じましたが、本当はあのスケールと感動を「関門橋」に求めていたのですよ。(泣)

それにしても「中国道」!あんた日本一退屈な高速道路だと太鼓判押しておきます。東北道もかなり飽きるけど、それでもまだマシ。なので朱肉でビタッた押しておくのでお覚悟を!

下から3枚目が好み。
で、ロゴの先辺りに「魚雷」の影が見えているともっと素敵。
さらに次の写真で船が「大破」しちゃっていたりするともっともっと激素敵。
ついでに、その撮影をした人のお名前が、「ラテン長州小力」だったもっともっともっとデラックスに素敵。

で、黒い海パン一丁で交差点渡っていてくれたら、それに一番素敵マークを差し上げます。(一番下のやつ)

すみません。ちょっと調子に乗りすぎました。m(_ _)m

投稿: くり | 2008年11月 5日 (水) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長州出島 | トップページ | color's・Chapter 4 »