« do change the my image | トップページ | Lack of sleep »

2008年10月30日 (木)

A little light in the morning

1030a

1030b

1030c

1030d

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

雲の切れ目から時折日差しのあるような朝でした。朝の光が好きなのは、影が長いから。
功山寺は西の山を背に東を向いて建っています。そう言えば、長いこと夕日で撮ってないです。
これからの季節は土日の夕方、観光客が団体でいるのであまり近寄らない事にしています。今のうちに行っとくか。。。

|

« do change the my image | トップページ | Lack of sleep »

功山寺」カテゴリの記事

コメント

> わたくしも、陽があたって陰(shade)のある被写体にそそられます(^^ゞ なんでやろ?

私の考えるカッコ良い写真とは、奥行きを感じさせる事の出来る写真。
バックをおバカの一つ覚え。みたいに。ボカシまくると言うのもその為の手段。

陰は陰影。明るい部分をより浮かび上がらせてくれる。浮かべば奥行きを感じる。
良い陰を撮らなくてはいけない。

そして今。誰からも訊かれもせんのにココに明かすが。
私は教養課程に於いて、色彩学。美学概説。造形原理。とかの単位を取得した。
あとナンだったか忘れたけど。本当になりたかったのは絵描き。。。と、白状しておく (汁

投稿: Toki | 2008年10月31日 (金) 17時20分

もちろんお稽古は続けておりますが、わし、これでも結構忙しゅうてなかなか修行時間が取れません。こんどの土曜日も月曜日も娘の作業所の行事に狩り出されて金狼(ん?勤労じゃ)奉仕せねばなりません。

90mmマクロは完璧マスターしましたので(うそ)、つぎはズームテレ端200mmで玉ボケ写真をとりたいと思っています(思ってるだけ)

>『 良い光をみつけるとソコには良い陰がある。私は陰を撮っている 』と、言ったのはワタシですが

ぁあ、そーでしたか。なかなかの名言でございます。
わたくしも、陽があたって陰(shade)のある被写体にそそられます(^^ゞ なんでやろ?

投稿: あんもち | 2008年10月31日 (金) 16時46分

Welcome to my Secret Garden (laugh

まだまだ公開準備中のつもりでいるブログです。私はこれで結構、人見知りするので、知らないヒトとちゃんとお話して、やっていけるのだろうか?とか。
まあ。。。見てくれているのか見ていないかも判らないネットに配信を続けるのがイヤになった。と言うか、アフォらしいというか、まあそんなトコ(爆

『 良い光をみつけるとソコには良い陰がある。私は陰を撮っている 』と、言ったのはワタシですが (汗
まあ、カッコ良い写真が撮れるように日々精進していますので、何卒今後とも。

と、言うことで。 あんもちさんはお稽古続けてますか? この頃見ないから。

投稿: Toki | 2008年10月31日 (金) 15時17分

お初でございます。どこかでお会いしたことがあったかもしれませんが、そこはほれ、所変われば人変わる、でございます。

唐突でございますが、さて、ここで問題です。

朝のほのかな光:"A little light in the morning"の"light"の対語といへば?

はい、"かげ"でございましょうが、漢字では影、陰、蔭、翳…英語でも"shadow"、"shade"なんて幾通りもの言いようがあるようでございます。だいたいのところ、以下のような使い分けをされているようです。

影:shadow;光を遮ってできる黒い形、映像、姿、実体のないもの

陰(蔭、翳):shade;光が当らない暗い部分、闇、黄泉の国

しかし、月明かりを月影(moon light)と言ったり、見えない部分を物陰と言ったりしますので、相当ええ加減でございます。"影の光"なんて、おぃおぃでございますよ。あ、"翳"を"darkness"として区別する場合もあるようです。

「A little light in the morning」のお写真には、光の当った部分(これをなんという?)、影(shadow)の部分、陰(shade)の部分、さらに翳(darkness)の部分、の4つがはっきりくっきり勢ぞろいされていて興味深く拝見いたしました。

あの安藤忠雄先生は「建築を学ぶものは谷崎潤一郎の『陰翳礼讚』(日本の光と闇の美学随想集だそうです)は読んでおかなければならない!」とかおっしゃったそうですが、もちろんお読みになってらっしゃいますよね?あたしゃ読んでませんが。柿の葉寿司の作り方は詳しく書いてあるそうです。

"かげ"はいろんな想いを励起させます。井上陽水の"Make-up Shadow"なんて歌が私の頭ん中でいま鳴り響いておりますです

♪リアルでシュールな青いシャドウに♪


ルイス・カーン先生の"shadow"についてのお言葉。
カーン・アフォリズム集
http://www.archi.kyoto-u.ac.jp/~maeda-lab/K_kahn%27s%20world/K-aphorism.html#Anchor-38219
【影 shadow】   
光からつくられたすべてのものは影を投げかけます。われわれの作品は影からできていて,影は光に属します。
Whatever is made of light casts a shadow. Our work is of shadow ; it belongs to light.
物質は影を投げかけ,影は光に属する
Material casts shadows shadows belongs to light.

なにをゆうたかようわからんとこがカーン先生のぇえとこですので、さらっと読み流してあげましょう。

曇り空の均一な光の中での風景写真は退屈ですが、"かげ"があると面白くなります。わし、"かげ"のある写真がとりたいです。かげのある人間にはあんましなりたくないです。

brightness⇔shadow⇔darkness
♪夜と朝の間に ひとりのわたし♪
ピーターは40年たっても変わらんなぁ…、わしは成長せんなぁ…

長々と失礼しました。
                     あんもち拝

投稿: あんもち | 2008年10月31日 (金) 14時05分

写真は光。光は色。お天気任せで時任せ。。。 とか (爆

投稿: Toki | 2008年10月31日 (金) 06時15分

良い具合の光です。
この微妙な光がいつでも捕まえられたら、影の王になれるのに。

投稿: はりー | 2008年10月30日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« do change the my image | トップページ | Lack of sleep »