« お中元に頂いた胡蝶蘭 | トップページ | 海を見ている »

2008年7月22日 (火)

3日連続泳いだ

0721f

0721g

0721h

0721i

故郷のニューファンドランド島ではリトル・ウォーター・ドッグと呼ばれているらしい。
『ニューファンドランド』という名の、くっそ!でかい犬が棲んでいるから。
チョッパーは体重32kgあるけど、故郷に帰ればチビだ。  (笑


|

« お中元に頂いた胡蝶蘭 | トップページ | 海を見ている »

チョッパー」カテゴリの記事

コメント

独りで歩いていて犬に吠えられても「ふん!可哀想に。。。散歩に連れて行って貰えないんだろ?」とか思うだけで全く気になりません。
牙を剥いて来られると、塀の中に乗り込んでとことん言い聞かせてあげよかな。。。と思う。まあ、どんな犬と喧嘩しても負ける気はしないですから。 (笑

「犬同志お友達」とお感じになるのは、飼い主達がそれぞれの犬とちゃんと付き合っているからでしょう。利口な飼い主と暮らしている犬はお利口さんです。
人に牙を剥くような犬にしてしまった飼い主というのは....... (汗

投稿: Toki | 2008年7月23日 (水) 18時11分

近ごろの犬は「いぬ同士お友達」という感じをドックランではよくみかけます。洋犬のせいでしょうか。
子どもの時にかまれて経験があるため、自分が犬は苦手である、「よく犬は吠えているよな」歯をむき出しに吠えかかっているのをよく見ましたが、近ごろは、お友達という感じですね。しかし私は歩いていくだけで吠えられます、なにも危害を加えようとしていないのに、塀の中から吠えてくる。なぜここを歩いていく人は犬が嫌いとわかるのでしょう。
苦手でも子犬の時に触らせて頂くと、犬の方がよく覚えてくれて友達になれます。近ごろ人の名前がすぐに出てこない私に比べ、半年くらい会わなくても覚えてくれている彼らの方が本当にすごい。

投稿: ken | 2008年7月23日 (水) 09時10分

ドイツ語でダックスは穴熊、フンドは英語にするとハウンド。吠えると言う事で、広く犬を意味したりします。元々は猟犬ですね。猟犬でも鳥撃ちの為の犬は水を恐れません。
子供の頃は犬の本ばかり読んでいたので、こんな事には詳しいです。(笑
チョッパーは水が大好きですが、もっと好きなのは人間。可愛がってくれそうなヒトには徹底的に甘えます。家族に用事のある時にしか吠えませんから番犬にはならないです。
散歩の途中に敵意まるだしのミニチュアダックスに吠えられて、ものすごく困った顔をする。情けない。。。

投稿: Toki | 2008年7月22日 (火) 16時26分

「リトル・ウォーター・ドッグと呼ばれているらしい」やはりね。
本能で水が好きなんですね、昨日見た犬は、ミニチュアダックスフンドでした。怖がってしっぽは足の間。
いろいろ見ると、食べるものから好き嫌いがあるようですね。

投稿: ken | 2008年7月22日 (火) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3日連続泳いだ:

« お中元に頂いた胡蝶蘭 | トップページ | 海を見ている »