カテゴリー「遠征vol.4」の64件の記事

2010年5月16日 (日)

霊椿山大照院#16

Ds0430pa

壱/18mm

寺とか。。。 そういう陰気臭い場所は嫌いだったのだがなあ。。。 (笑

Ds0430pb

弐/18mm

ホームグランドの功山寺にしても以前はせいぜい花見と紅葉くらいのもの。墓参りっくらいしか用は無かった。

Ds0430pc

参/18mm

なにもかもチョッパーのせい。デジ1もチョッパーを撮ろうと思って買ったし。。 (爆

Ds0430pd

四/18mm

まあ。そう言う事で、ようやっと、墓所を後にします。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

藍場川・六

Ai0430fa

壱/200mm

『薩摩の大提灯、長州の小提灯』と言うのがあって、これは大きな提灯を持った先頭の人に従う薩摩人に対し、
長州人は一人独りが小さな提灯を持って単独で動くことを揶揄している。
自己顕示欲と上昇志向の塊で、理屈っぽくて議論好きな処が長州人の特徴だろう。

Ai0430fb

弐/112mm

馬関戦争。蛤御門の変。そして四境戦争と、幕末動乱の時代にあって長州人の取った行いは『狂』
小提灯を手にバラバラに走ってはいたが目指す場所は同じだったと言える。全ては萩で始まった。

Ai0430fc

参/170mm

とか。。。 やはり萩を歩いていて想う事はいつも同じ事 (笑

Ai0430fd

四/36mm

今の萩は抜け殻のようにひっそりとしている。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

藍場川・五

Ai0430ea

壱/35mm

山口県萩市。推計人口53,708人(2010年4月1日)全国に名前の通っているワリには小さ都市。
夜、出歩くヒトなんかいないので萩ではコンビニが成立しない。

Ai0430eb

弐/38mm

萩では400年前の地図が今でも立派に通用する。ちなみに、昨年買いそびれた古地図。上から3枚目の写真。
ホンの一瞬、買いに行こうか!と思ったが、菊屋横丁は遠いし駐車場とか面倒なのでやめた。

Ai0430ec

参/26mm

萩と言えば夏蜜柑。明治維新後、禄を失った旧藩士の為の授産事業。萩土産と言えば唯一無比!『夏蜜柑丸漬』
あ、萩焼があったか。。。 一楽二萩三唐津の二。これは茶道の茶碗の格付け。雑器はそうは言わない。

Ai0430ed

四/26mm

1986年。戊辰戦争から120年を記念してそろそろ和解を、と友好都市提携を萩市が会津若松市に持ちかけたところ、
会津若松市民の多くが「時期尚早である」「我々は恨みを忘れていない」として、友好関係の締結は拒否された。。。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

霊椿山大照院#15

Ds0430oa

壱/18mm

頭上の枝と正面の明るい若葉がちょっと良いなと思って撮った4枚。

Ds0430ob

弐/44mm

壱と同じポジションでズームしただけ。

Ds0430oc

参/18mm

広角の安易な絵造りに慣れてしまうと止められなくなりそう。楽で楽で (汗

Ds0430od

四/18mm

この場所にはプラスチックもペンキもコンクリートも鉄もガラスも無い。ソコが良いのだ。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

霊椿山大照院#14

Ds0430na

壱/18mm

関ヶ原の負け組で山陰の片田舎に押し込められた毛利氏ですが、維新では勝ち組ですから世の中面白い。

Ds0430nb

弐/18mm

歴史に、もしもあの時。。。と言うのは無いワケで、なにもかもこうなるようになっていたと受け入れるのみ。

Ds0430nc

参/18mm

ようやっと、お日様を背中に出来ました。今度この寺を撮るならお昼前にします。東の光と真上からの光が良いでしょう (笑

Ds0430nd

四/18mm

まだまだつづく (爆

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

霊椿山大照院#13

Ds0430ma

壱/44mm

墓所を正面左手からぐるりと一回りしています。これで丁度半分あたりか。。。 (爆

Ds0430mb

弐/46mm

歴代藩主の墓石。墓の中で撮っています。

Ds0430mc

参/26mm

東光寺墓所には扉があって墓石には近寄れませんでした。山口の香山墓所もそう。

Ds0430md

四/18mm

見下ろす石燈籠群の壮観なこと! 603基の石燈籠全てに蝋燭の灯る万燈会を見てみたいものですが、
駐車場は一杯だろうし。。。ヒトは多いだろうし。。。面倒が先に立つのが年寄りの証拠。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

藍場川・四

Ai0430da

壱/32mm

北西に向かって歩いている。夕陽は左手前方に低い。

Ai0430db

弐/52mm

10メートル進んではシャッターしている感じだ。
例えば夏の夕暮れ。。。 藍色の浴衣を着た女子が川面を見つめて佇んでいたりすると絵的に決まるのだろう。
そして、お約束の線香花火! (泣

Ai0430dc

参/75mm

時々は振り返ってシャッターする (笑

Ai0430dd

四/70mm

今回は夕暮れの藍場川を撮ろうと決めていた。大照院と藍場川。ちょっとマイナーな萩特集 (爆

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

藍場川・参

Ai0430ca

壱/27mm

桂太郎旧宅。明治~大正の政治家、3度内閣総理大臣を務めたお方。バリバリの長州閥 (笑

Ai0430cb

弐/24mm

酔って帰ると川に落ちる。。。
桂太郎旧宅は市に移管され無料公開されている。庭が良いらしいがまた今度。覚えていたら (笑

Ai0430cc

参/112mm

懐かしさ充満の板塀。

Ai0430cd

四/32mm

生垣も良い。この辺り、川島地区は散歩に良い。まあ、萩と言う街全部が散歩に良い街だけど。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

霊椿山大照院#12

Ds0430la

壱/56mm

明治政府の神仏分離令まではお寺に鳥居は普通で自然です。
仏式の地鎮祭に参加したことがあるのですが、仏教でも土地には神がいて神を拝んでいるのだと言うこと。

Ds0430lb

弐/18mm

ココがチョ~凄いパワースポットなのだと言いふらそうかな。。。 アフォタレがいっぱい来る (爆

Ds0430lc

参/18mm

東光寺の石灯籠はおそよ500基。大照院はおよそ600基。墓所の規模は大照院が勝ります。
観光的に成功しているのは東光寺の方。松陰神社が近いし松陰先生のお墓も生誕地も近くですから。

Ds0430ld

四/18mm

歴代藩主の墓碑群です。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

霊椿山大照院#11

Ds0430ka

壱/200mm

延々と墓所の中で石燈籠を撮っています。ウチに帰ってPCで見てみて、なんでこんなにシャッターしたんだろう。。。 (笑

Ds0430kb

弐/200mm

まあ。。。撮りたかったから撮ったワケで、ただ単に石燈籠が好きと言う事。お墓が好きなのかもしれない。。。

Ds0430kc

参/18mm

ココだけの話、私は蛇が怖い (爆

Ds0430kd

四/18mm

この日も蛇にはものすごく神経を注ぎました。蛇を見るのがイヤ! チョッパーがいれば、先を歩いて貰っています。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧