カテゴリー「遠征」の64件の記事

2009年2月15日 (日)

東大和町・後編

0211la

林兼産業下関飼料工場。林兼産業は大洋漁業(現・マルハニチロ水産)の兄弟会社。マルハのソーセージの会社。
ココとは別に、線路の向こうの大和町に林兼産業食品工場もある。そちらがソーセージの聖地!なり (笑

0211lb

この絵を撮ろうと思ったのは、別に林兼産業の宣伝をしてあげよう。。。とかではない。単に銀色がカッコいいと思った迄。

0211lc

こうした工場のメカニカルな感じは好きだ。石油コンビナートを撮りたいと常々思ってはいるが。。。なかなか (笑

0211ld

手摺の黄色がいいな。銀色とものすごく似合っている。
実はウチの事務所の鉄製階段。銀色と黄色に塗り分けた。決してココのマネをしたワケではないけど。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

東大和町・前編

0211ma

真っ直ぐな道路。下関は半島地形。平野がない。これ程平らで真っ直ぐな道は珍しく、埋め立てられて出来た土地だと言う事。
コレは下関港第2突堤。見渡す限り埋め立て地。

0211mb

東大和町はJR山陽本線の東側だから東大和町。西側は大和町。西。。。は付かない。
彦島との間、小瀬戸を埋め立てて造られた町。
大正から昭和に掛けての埋め立てで、大正の『大』と昭和の『和』で大和町。線路の東で東大和町。

0211mc

コレは彦島方向。奥の山は彦島。このままの位置で日本本土、下関駅方向を撮ったのが次の絵。

0211md

下関市の海峡沿いは殆どが埋め立て、若しくは山を削って擁壁を建て道路を通したもの。
チョッパーと行く長府の海は海岸線が手つかず。珍しいと言える。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

長門国三宮・亀山八幡宮・五

0127qa

『波乗りふく』日本一のふくの像である。戦時下の金属供出で無くなってしまった像を平成2年9月29日に再建した。
2929=ふくふくの日。毎年9月29日は、ふく漁の解禁日で、ふく祭りの日。

0127qb

お亀茶屋跡
慶応元年(1865年)夏。刺客に追われた伊藤博文がお亀茶屋のお茶子。木田梅子に助けられた記念碑。
その後、木田梅子は伊藤博文夫人。ロマンチックなのである。亀の像は神亀。伊藤のロマンスとは関係ない。境内にあと2匹いる。

0127qc

なにやら由緒のありそうな灯籠。が、未調査。関の守り神なので昔も今も寄進は絶えないようだ。

0127qd

亀山砲台跡
久坂玄瑞率いる光明寺党が海峡を往く船に向かって1発目を撃った砲台。光明寺党は奇兵隊へと進化した。
ちなみに、光明寺党の党首は中山忠光公。光明寺は私の行く焼肉屋『一龍』の前にあるお寺。
光明寺に陣を構えたから光明寺党。本堂の柱に光明寺党の残した刀傷があるけど、そんだけの寺 (笑

以上です。これにて長門国三宮・亀山八幡宮、終了。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (2)

長門国三宮・亀山八幡宮・四

0127pa

創建は貞観元年(859年)

0127pb

亀山は元々が島。島の形が亀に似ていたから亀山。

0127pc

お亀明神社
江戸の初め。潮流激しい海峡の埋め立ては難工事。自ら進んで人柱になったのが遊女『お亀』
やがて工事は無事に終わり、人々はお亀の霊の鎮魂に銀杏の木を植えた。

0127pd

池には、うじゃうじゃ亀がいる。但し、今は冬眠中。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

長門国三宮・亀山八幡宮・参

0127oa

昨日からの雨が続いている。今朝もカメラは持たずに散歩した。長府は日曜日の雪の朝に撮ってそれっきり。
唐戸が火曜日の昼。。。もう3日、シャッターしてないのだな。私にしてみれば珍しい。

0127ob

明日の朝には雨は上がる。またしても、どす曇りの長府かあ。。。 陰気でいかん (笑
気のせいか?ここのところ持病の左足が痛まない。
晴れたら、覚苑寺の裏山に登ろうかと思っていたが、曇りだと判ると気力が失せる。。。

0127oc

日曜日にナンとか晴れマーク。天気予報は曇りのち晴れ。
事務所の庭の白梅がポツポツと咲いているので、雨の合間。少しでも光の射すのを待とう。。。と思ってカメラを持って来た。
一日中、切れ間なく雨が降っている。昨日はコゲラとメジロとシジュウカラがプルーンの木に来ていた。
シジュウカラは撮った事がないから、あわよくば。。。と思っていたが、雨のせいでスズメさえ来ない。

0127od

お陰で面倒な書類の作成が捗った。 晴耕雨読。。。 晴撮雨業。。。 (笑

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

長門国三宮・亀山八幡宮・弐

0127na

平安時代、国府に国司が赴任しすると必ず主要な神社に参拝しなければならなかった。
先ず最初にお参りするお宮を一の宮と呼んだ。一宮、二宮、という呼び方は社格とば別。社格の低い一宮もある。
律令制の布かれた時代には五畿七道六十六国の全てに一の宮が存在したワケだ。

0127nb

長門国一宮は住吉神社。二宮は言わずと知れたよゐこの忌宮神社。三宮まである事がこっそり自慢 (爆

0127nc

亀山さん。。。と言えば、花火大会だ。夏越祭のフィナーレ、海峡の風物詩。
が、今は。全国から軽く100万人以上が集まる関門海峡花火大会があるので、やや陰は薄い (汗

0127nd

海峡を見下ろすように鎮座する拝殿。

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

長門国三宮・亀山八幡宮・壱

そして新シリーズ登場!ココを一日一度や二度のチェックしかしないヒトは可哀想だが置いていく (滝汗

0127ma

関の氏神・亀山さんであった (笑
宇佐八幡宮からの流れ、応神天皇・仲哀天皇・神功皇后・仁徳天皇。社格は県社、別表神社である。
旧山陽道はココが終点。

0127mb

長い間工事の終わらない国道9号線。年度末までか?

0127mc

継ぎ目のない一本モノの柱の大鳥居。この鳥居の前までが海だったと言う。
海峡の守り神でもあって、まあ水産下関のシンボル。。。と言う感じ。坂本竜馬も此処へ来た。みんな来た。

0127md

今年になって、八社目。。。いや、中山神社にも行ったので九社目だ。
こうなったら、いっそ。。。市内の神社ぜんぶ撮るか!まだまだあるぞ (汗

Nikon D200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

| | コメント (6)

2009年1月25日 (日)

美術館

0124ia

0124ib

0124ic

0124id

昨日、唐戸市場に行ったのは美術館に行く前。お昼を食べに行ったのでした。胃が痛くなってぜんぜん入りませんでしたが (泣笑

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2D

| | コメント (2)

唐戸市場・後編

0124ha

0124hb

0124hc

0124hd

0124he

0124hf

0124hg

0124hh

以上です。
唐戸市場がリニューアルしてまだ10年にはならないと思います。ものすごく綺麗になった。
採った魚がガンガン売れていた頃の下関が良かった。汚くて下品でしたけれど (笑

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2D

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

唐戸市場・前編

0124ga

0124gb

0124gc

0124gd

0124ge

0124gf

0124gg

0124gh

下関の台所。唐戸市場前編です。

Nikon D200 + Ai AF Nikkor 35mm F2D

| | コメント (8)

より以前の記事一覧