« 旧下関英国領事館 | トップページ | 今朝もハイです »

2008年10月10日 (金)

こんなものも (汗

1010n

1010o

1010p

AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

1記事1MBなので細切れだあ。っったく、Nifty 様のやることは意味がわからない。まあどうでもいいけどさ。
トップページの表示方法をこれまでの3件から1日というのに変えてみました。問題は日付が変わるとどうなのか?記事書くまでは真っ暗になるのだろうか。。。

チョッパーがいなければ両手が自由に使えるので苦手なズームレンズも楽だ。最強のお散歩レンズと言えよう。ほぼ全部をプロフェッショナルなPモードで撮った。ネコちゃんとバイクはAモード。ネコちゃんとバイクのAモードに別に意味はなくて、Aになっている事に気が付いて慌ててPにした。ISOも勝手にバンバン上がる設定。雑念を捨て去り被写体だけに集中する為、と言うか、いろいろするよりカメラ任せの方が結果が良いのだよ。このレンズは (笑

という事で、本日分のお写真は以上!
撮り溜めると溜まってどうしようもなくなるので、極力!その日の写真はその日のうちに。。。にした。出来るだけ1回の撮影枚数も減そうと思う。見るんが面倒臭いから。まあ、撮りすぎとも言えるが (汗


|

« 旧下関英国領事館 | トップページ | 今朝もハイです »

遠征」カテゴリの記事

コメント

説明不足なのですが、コレは唐戸という古い商業の街でのシャッターです。近頃は観光に力を入れて再生を図っています。
水平垂直は、建物の写真を撮る上での基本でした。広角レンズの歪みさえ許せない感じ。85mmが好きなのは広角レンズのパースも望遠レンズの引きつけ効果もない見たまんまの絵が撮れたからです。あの頃は、ボケとか全く考えず、ひたすらパンフォーカスでした。まあ、ボカせるようなレンズを持ってはいなかった。。。と言うのがありますが。
DSLRになってやたらボカすのは、そうでもしないとコンパクトデジに負けそうで (汗

投稿: Toki | 2008年10月11日 (土) 14時04分

クジラの絵にバイク、ふくの大きな看板、その上の欧文の看板、何でしょう。ミスマッチのようで面白い。
長府の街の歴史と現在を感じさせてくれる面白いショットの連続です。
いつもびっくりするのが、垂直水平のしっかりされていること、ピントのしっかりしてされていること、もしかして職業病かしら。
その為に、長めの玉を使われているのでしょうか。

投稿: ken | 2008年10月11日 (土) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧下関英国領事館 | トップページ | 今朝もハイです »