« 秋桜 | トップページ | Eコース#17関見台公園・2 »

2008年9月28日 (日)

Eコース#17関見台公園・1

0927h

0927i

城跡は整備されて公園。天守閣の石垣は復元されたもの。

0927j

天守閣の石垣に登って関門海峡方面。対岸は門司。

0927k

コンクリート造の等身大シロナガスクジラである。かつての下関は捕鯨で栄えていた。別の場所に建て替えられる迄、ココには市立水族館があってこのクジラは施設の一部。マルハのソーセージで有名な?或いは、横浜ベイスターズの前身の大洋ホエールズで有名な?大洋漁業は下関の企業。その大洋漁業が下関市に寄贈したのがこの『クジラ館』水族館のシンボル。。。と言うよりも、水産下関のシンボルであった (懐

PS;子供の頃。。。イヤッ!!と言うほどクジラを食べさせられたものだ。今でも調査捕鯨のクジラを食べることは簡単に出来る。が、しかし殆ど食べない。そんなに美味いモノではないから (笑
が、先進諸国の盲目的な捕鯨禁止には断固反対する。古くから日本人はクジラを食べる民族であり、捕鯨は日本の文化なのだ。


⇒Eコース#17関見台公園・2

|

« 秋桜 | トップページ | Eコース#17関見台公園・2 »

散歩道vol.2」カテゴリの記事

コメント

冒険家のC・W・ニコルという人が大好きで、彼の書いた『勇魚』という小説をワクワクしながら読んだ事を想い出します。和歌山の太地という港のクジラ獲りの漁師の物語。久しぶりに読み返してみようか?と思うのですが、なんせ老眼。。。 活字はPCでなければ読めない身体になってしまいました (笑
遠近両用レンズというのは読書にはダメで、ちゃんとした老眼鏡を買わなければいけません。買いに行くかなあ。。。ちなみに、ニコルさんは今でもお元気で黒姫山に棲んでいるようです。

投稿: Toki | 2008年9月30日 (火) 11時42分

たまに行くお寿司屋さんで、クジラの尾身というのをつまみで出してくれる時があるが、値段は高かったような気がする。
料理としてはあまりクジラ肉ははやらないかも知れないが、クジラは他にも利用価値があったようです、しかし、捕らなくなった今、その方はまだ使っているのでしょうかね〜。
たまに岸にクジラが流れ着き、それを戻してやって、沖に出て、とってくるというのもなにかへんですよね。なぜ食用にしないんだろう?
昔は、流れ着いた物も喜んで食べていたようですが。

投稿: ken | 2008年9月29日 (月) 21時23分

私がクジラを食べるのは『懐かしさ』だけです。日本中が貧しくて、あんなに不味いクジラを文句言わずに食べましたね。まあ、食べ物に文句を言うと問答無用でオヤジからぶっ叩かれたけど (笑
大きくなったらキャッチャーボートに乗ってクジラを捕りに行く。。。というのは下関の子供なら誰もが一度は夢見たものです。イヌイットがクジラを食べているように日本人も食べたのです。クジラを食べない国がどうこう言うのはおかしいです。私はもうクジラは食べないと思いますが。。。

投稿: Toki | 2008年9月28日 (日) 16時40分

本当に同感です。
懐かしく思い、食べてみたがこんな味だったかとショックでした、あのくらい食べたのに。
今、捕鯨が解禁になったとしても本当に日本人は食べないでしょうね。
ベーコンはたべるかな〜?油っぽいのにびっくりしたが。

投稿: ken | 2008年9月28日 (日) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505893/42609474

この記事へのトラックバック一覧です: Eコース#17関見台公園・1:

« 秋桜 | トップページ | Eコース#17関見台公園・2 »